自分のブログに広告を貼るにはASPに登録しよう

ASPに登録

アフィリエイトは自分のブログやwebサイトに企業の広告を貼り付けて、そこから商品やサービスに申し込みがあったら報酬がもらえるという仕組みです。

>>【関連記事】アフィリエイトで収入が出る仕組みとは

しかし、実際に個人が企業と広告を掲載する契約をするわけではありません。企業側もいちいち個人と契約するのは手間ですからね。

そこで企業とアフィリエイトをする人とを結び付けてくれるのがASPとなります。今回はASPの役割や選び方、利用する際の注意点を書いていきます。

ASPの役割

ASPというのはApplication Service Providerの略で、会社名ではありません。イメージしやすいように例えると「業種」ってとこでしょうか。

ASPという事業を行っている会社が複数あって、アフィリエイトをする人はそのどこかに登録して広告をさせてもらうというイメージです。

ASPは広告の管理をする

ASPは商品を宣伝したい企業やアフィリエイトをする人に、アフィリエイトの仕組みを簡単に利用できるシステム(ツール)を提供しています。

商品を宣伝したい企業は、広告予算の管理やどのブログからどれくらい売れているかというデータが確認できたり、バナーなどの素材の登録などがシステムを使って利用できます。

アフィリエイトする人は、アフィリエイトできる広告案件を一括で確認できたり、広告バナーを貼り付けるコードを取得できたり、アクセス数や売り上げの管理ができます。

アフィリエイトで商品を宣伝したい企業と、アフィリエイトで報酬を得たい人が手間なく手を結ぶことができるシステムを提供しているのがASPというわけですね。

ASPはお金の管理をする

ASPは商品を宣伝したい企業から広告予算を受け取って、アフィリエイトで商品を宣伝販売した人に分配するという役割も担っています。

ASPの広告管理システムによって、どのブログから注文や申し込みがあったかというのが管理されているので、その情報を元にアフィリエイトをしている人に報酬を分配します。

もしASPがなかったら、商品やサービスが申し込まれた情報は企業側は把握できますが、ブログを作っている人はアクセス解析などでPV数(アクセス数)はわかるものの、そこから商品が売れたかどうかを知るすべはありません。

悪い企業がいた場合、売れたのに「売れてない」と不正をする可能性もあります。ASPが間に入ることで、そういった不正を防ぎ安心してアフィリエイトができるわけです。

ASPはサポートをしてくれる

ASPは商品を売りたい企業、アフィリエイトで報酬を得たい人の両者のサポートもしています。

商品を売りたい企業には、どういうwebサイトをつくって、どれくらいのアフィリエイト報酬を設定すればいいのかをアドバイスしたり、マーケティングのお手伝いをしてくれます。

アフィリエイトで報酬を得たい人には、各種セミナーを開催したり、どの案件が売れているかなどの情報を提供してくれたりします。また、たくさん売っている人には担当者がついて、企業に特単(特別単価)の交渉をしてくれたりします。

結局ASPの利益というのは、企業からの広告予算をたくさんもらうことであり、広告予算をたくさんもらうにはアフィリエイトする人をたくさん集めて商品を売りまくるということなので、両者にサポートをするのは当然というわけです。

ASPの選び方

ASPといっても数十社以上あるので、初めてアフィリエイトをする人は迷うかもしれません。

ASPを選ぶ際に見ておきたいのは、信頼性と広告数です。

信頼性というのは大企業であればいいというわけではないですが、それなりの規模の会社で評判もいいという感じです(ざっくりしてますが)。逆に、聞いたこともないような規模の小さな会社というのは初めての場合は避けたほうがいいというくらいに考えておけばいいでしょう。

次に広告数ですが、これは単純に数が多いほうが、売る商品の選択肢が増えるので売りやすいということです。一つのASPで独占で扱っている広告もありますが、多くは複数のASPで同じものを扱っているので、数が多いASPを選べばほとんどの広告をカバーできるといえます。

それを踏まえて、アフィリエイトをこれから始めるという人に代表的なASPを紹介します。

初めてならA8.net(エーハチネット)

アフィリエイトといえばA8.netというくらい一番有名です。ただ有名というだけでなく、広告の取扱数や売り上げの規模などもトップクラスです。

母体は株式会社ファンコミュニケーションズという会社でASPで初めて株式上場した企業なので信頼性も抜群です。

かくいう私も初めて登録したのがこのA8.netで、今でも売上げが一番多いメインASPです。アフィリエイトを始める始めないにかかわらず、登録しないと広告の情報を見ることができないので、登録だけでもしてみて広告を眺めてみるとイメージがわきますよ。

>>アフィリエイトならA8.net

そのほかの代表的なASP

アフィリエイト界隈で有名なASPは以下になります。ただ、初めての場合は複数のASPに登録すると混乱するだけなので、A8.netで慣れてから他のASPにも登録してみるというのがおすすめです。

【代表的なASP】

名前 特徴
A8.net アフィリエイトで一番有名なASP。広告数も一番多い。
アフィリエイトb 売上確定から報酬の振込までが早いASP
アクセストレード 独自広告の取り扱いが多いASP
バリューコマース 他にはない大手ショッピングモールの広告なども取り扱っているASP

マニアックなASP

アフィリエイトを長くやっていくと、上記有名ASP以外にもたくさんのASPがあることを知ります。

ただ、実際にそれらを使うかといえば、私の場合で言えばあまり利用していません。ASPを複数にわたって管理するのも大変ですし、魅力的な広告はたいてい大手ASPにあるからです。

以下にリストを作っておきますので気になる人は検索してみてください。

レントラックス リンクシェア(楽天) インフォトップ
e-click websync GAME FEAT forWEB
xmax AFRo(Cross-A) アド リンク
チャレンジング・ジャパン リーフィ
アムルメディア サブライムストア キーワーズアフィリエイト
AffiliateOcean TCS Affiliate もしもアフィリエイト

ASPを利用する際の注意点

ASPを利用するにあたって注意したいことをまとめました。

お金にまつわる注意

ASPによって売り上げの確定日、振込み日などは異なります。また、事務手数料や振込手数料の有無もあるのでしっかり確認したいところです。

例えばインフォトップというASPの場合、報酬の振込手数料として756円も取られます。

初めてアフィリエイトをして報酬が3000円出たのに手元に入るのが2244円になったら凹みますよね。

ルールを守ろう

これはビジネスをする上で必要最低限のことですが、ルールや法律を遵守することは言うまでもありません。

広告の案件によって条件やルールがあり、アフィリエイトをする人はそれをよく確認して、ルールの中でブログを作る必要があります。

また、最近では薬事法の改正もあり、健康系の広告記事を書く場合、表現方法に注意しなければなりません。

例えば、今までは痩せる前と後のビフォーアフターの写真を広告に載せるのはOKでしたが、今はNGになっています。

こういった情報は各ASPのサイトにも掲載されているのでしっかり確認してアフィリエイトをしなければなりません。

↓↓ブログランキング参加中m(_ _)m↓↓


ご登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です