無料で使える写真やイラスト素材サイトまとめ&フリー素材の効果的な使い方

無料写真イラスト素材まとめ

アフィリエイトサイトにかかわらず、オウンドメディアや雑記ブログなどでも、記事には写真を入れるほうが見栄えがいいですよね。

もう誰でも知っていると思いますが、写真素材は無料でたいてい手に入ります。

著作権フリーの写真素材を提供しているサイトはたくさんあります。それを紹介しますので、写真素材に困ったら参考にしてみてください。

無料写真素材で気を付けたいこと

無料の写真素材を使うにあたって気を付けたいことや、使用する際のポイントなどをご紹介します。

 

著作権に気を付ける

本当にブログを全く書いたことが無いという人の中にたまにいるのですが、画像検索で出てきた画像をダウンロードして使おうとする人がいます。

確かに「インターネット上に公開しているんだから、別に使ってもいいだろう」と思ってしまう気持ちはわからなくはないですが、インターネット上にある画像は、そのサイトやブログの運営者に著作権があります。

したがって、画像検索で見つけた画像を勝手にダウンロードして使用しないようにしましょう。

ただし、Twitterやインスタグラム、動画であればYouTubeなどが公式に提供している「埋め込み機能」を使って記事に入れることはOKです。

 

記事の内容に合ったものを選ぶ

アイキャッチ画像(主に記事の先頭にある写真)は、私の場合は最初に入れずに、記事が完成してから入れます。

というのも、記事を書いていくうちに若干内容が変わってしまったりすることがあるので、最初に写真を選んでしまうと記事の内容と微妙にズレることがあるからです。

ただ、記事の内容にあったものといっても、あまり考え込む必要はありません。写真なんて一瞬見るだけで、重要なのは記事の内容(コンテンツ)ですからね。

 

例えば「名刺交換の仕方」「会議の発言の仕方」「面接の受け答えの仕方」といった記事がある場合、これらはスーツの男性(または女性)の写真であればたいてい合うでしょう。

スーツ

 

他に女性向けの「ダイエットの方法」「脱毛サロンの比較」「化粧品のレビュー」などの記事であれば、女性の肌の写真であれば成立するでしょう。

女性の肌

 

こんな感じですね。

探せばもっと記事ごとに合った的確な写真もありますが、あまりこだわりすぎると写真検索に時間がかかりすぎるので、「まあ、合ってるな」くらいでいいと思います。

 

素人っぽい写真を選ばない

素人っぽい写真を使用するのは、商品のレビューとか、個人的なブログ記事などで、それは「自分で撮影したもの」ということに価値や信憑性があります。

だから、記事のイメージ写真程度のものだったら、あえて素人っぽい写真は選ばずに、プロっぽい写真を選ぶほうがいいと思います。

無料写真素材のサイトでも、素人が提供した写真もあるので「ダサいな」と思った写真はあえて使う必要はないでしょう。

 

【素人っぽい写真】

素人写真

 

【プロの写真】

プロ写真

 

同じようなアロマのイメージ写真ですが、上の写真は手や影、光量が明らかに「素人」ですよね。

下のほうはキレイな写真で「プロっぽい」ものだと思います。(よく見ると瓶が浮いてますがw)

 

本当はオリジナル写真が良いらしい

現在Googleの検索エンジンはかなり賢いので、写真がオリジナルのものか、無料素材なのかは判別できるといわれています。

だから本当はオリジナル写真がSEO的には良いとされていますが、それは順位がある程度上がってから考えてもいいレベルです。

本来の記事のコンテンツをまずは充実させるということが第一ですからね。その辺は以下の記事でも書いています。

また、記事のアイキャッチはカッコいい無料写真素材にして、記事中の図や表などをオリジナルにすれば良いでしょう。

アイキャッチ画像をオリジナルでカッコいいものにしたいという場合は、無料写真素材をちょっと加工すればオリジナルになります。

 

【無料素材加工例】

写真加工

 

私が使っている無料写真素材サイト

無料写真素材サイトはいろいろあるのですが、私が使っているのは2つくらいです。

というのも、写真選びに時間を取ってられないので、いろいろ使ってみて自分が使いやすいサイトだけに絞りました。

 

写真AC・イラストAC

一番使っているのは「写真AC」と「イラストAC」です。

でもごめんなさい。私はプレミアム会員で有料で使用しているので、完全無料で使用するにはちょっと物足りないところがあると思います。

ただ、とりあえず無料会員登録しておけば、どんな写真やイラストがあるのか確認できるし、制限はありますが無料でダウンロードもできるので、見てみてください。

このサイトのいいところは、ひとつアカウントを作れば「写真」「イラスト」「シルエット」「地図」「フォント」「年賀状」の素材が使用できるってことです。

写真とイラストの数も膨大ですし、たいてい検索すれば見つかります。ちなみにこの記事で使用している写真は、写真ACからダウンロードしたものです。

>>写真ACはこちら

>>イラストACはこちら

 

記事のあとのほうで、完全無料の写真素材サイトも紹介しているので、「無料がいい!」という人はそちらも参考にしてください。

 

O-DAN検索(海外のフリーフォト)

カッコいい写真を探すときには、O-DANを使用しています。

こちらは海外の32個のフリーフォトサイトの中から写真を横断検索(一括検索)できます。

しかも日本語で検索ができるので、英語ができない人でも欲しい写真が手に入ります。

 

 

トップページに行き、検索窓に日本語で検索したい単語を入れます。

例では「ビジネス」と入力しています。

 

 

左側にフリーフォトサイトの一覧が表示されていて、選択されている(黒くなっている)フリーフォトサイトの「ビジネス」で検索した写真が右側に表示されています。

見るからに海外の写真って感じでカッコいいですよね。

 

 

左側のフリーフォトサイトを別のものに選択すると、右側の写真もそのフリーフォトサイトの写真に変わります。

私はまず「Pixabay」というフリーフォトサイトから見ますね。

「Pixabay」はダウンロードするときにサイズが選択できるので、記事に掲載するときにリサイズする必要がないので便利です。

>>O-DAN (オーダン)- 無料写真素材・フリーフォト検索 

 

そのほかのフリー素材サイト

上記の無料写真素材サイト以外にも、たくさんの素材サイトがあるのでご紹介します。

使ってみて気に入ったところをブックマークしておくと便利です。

 

商用利用可能なフリー写真素材サイト

 

商用利用可能なフリーイラスト素材サイト

 

無料写真素材、イラスト素材まとめ

探すと無料の素材サイトはたくさん出てきます。

自分の作っているブログやサイトのカラーに合った素材サイトを見つけて、できれば同じ素材サイトのものを使うと統一感が出ると思います。

といっても、大事なのは記事の中身、コンテンツなので、写真はあくまでコンテンツを読ませるためのアクセント程度に考えて、あまり選択に時間をかけないようにしたほうがいいと思います。

手に入れた写真などを加工したい場合は以下の記事もご参考ください。

 

↓↓ブログランキング参加中m(_ _)m↓↓


ご登録はこちらをクリック

“無料で使える写真やイラスト素材サイトまとめ&フリー素材の効果的な使い方” への2件のフィードバック

  1. ゆきぴ より:

    こんにちは。
    ブログランキングからきました。
    写真ACは使っていましたが、海外のフリーフォトは初めて拝見しました。
    素敵な画像が沢山あったので使ってみます。
    情報ありがとうございます。

    • うちむー より:

      海外のフリーフォトは昔は英語で検索しないといけなかったのですが、今は日本語で使えるので便利です。
      ぜひ活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です