人見知りでフリーターからアフィリエイトで独立するまでの話

こんにちは。うちむーです。

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

 

このブログを書いている人ってどんな人なんだろう?

そう思ってこのページに来た人がほとんどですよね。

ここで簡単に自己紹介しておきます。少し長いのでお時間のある時にでも読んでいただければと思います。

 

「うちむー」というのは、もちろんハンドルネーム(HN)です。

私自身、人見知りで内向きな性格ですから、内向き(うちむき)から「うちむー」と名乗ることにしました。

 

人見知りで内向的、そしてフリーターだった、そんな私がアフィリエイトに出会って、アフィリエイトで独立し、手取り月収250万円越えるまでに至ったお話を書いていきます。

そんなダメダメな私でさえ、アフィリエイトによって自分の力で稼ぐことができたということで、初心者の人の参考や頑張りの後押しになればと思っています。

内向的な関西人は生きづらい

子供時代はといいますと、小学生のころから「おとなしい子」ということを言われていました。

アメトーーク!で言えば「イケてない芸人」のような、目立たない存在だったと思います。

そういった気質はそう簡単に変わらないもので、中学、高校もそんな感じで、特に友達も少なく、というかいなかったですね。それを証拠に今中学、高校時代の同級生で連絡が取れる人が一人しかいない。(書いてると凹んできましたw)

また、生まれたのが関西というのも内向的な自分にとってつらいことがありました。「関西人」=「面白い人」というのは、同郷だけでなく、他府県からも期待されるんですよね。

もちろん関西は大好きですが、内向的な自分としては「関西人なのに暗い奴」というコンプレックスに悩み、相談する人もいないので、どんどん自分の殻に閉じこもってしまっていました。

高卒~浪人~フリーター時代

高校は地元ではそこそこの進学校に通っていました。しかし、相変わらず友達もおらず、社交的ではない自分にコンプレックスを抱きながら、将来についてもあまりいいイメージを持てずにいました。

そんなことで勉強に身が入るはずもなく、学力テストでは下から数えたほうが早く、一応大学受験もしたものの全滅でした。

何となく大学は出てないと「いい会社に入って」「いい暮らしはできない」と思っていたので、何の夢も目標もなく浪人することになりました。

そんな漫然とした気持ちで勉強のモチベーションがあがることもなく、予備校でも友達ができず行き辛くなって(本来は勉強をする場所なので一人でもいいはずですが)、最終的にはバイトに明け暮れるフリーター生活へ。

一発逆転の漫画家狙い、からのサラリーマンへ

フリーター生活というのは、内向的な自分にとって悪くない生活でした。

というのも、「責任もない」「嫌なら辞められる」「単純作業なら人とコミュニケーションを取らなくていい」というある種の自由があったからです。

しかし、20代も半ばに差し掛かると、フリーターで月収20万円もいかないことが「恥ずかしいのではないか」という思いが芽生えてきました。

 

そんな時、なぜそう思ったのか自分で思い返してもギモンなんですが(笑)、漫画家を目指すことを思いついたのです。

漫画家になれば、

  • 一人で黙々と作業ができる
  • 脚本、絵、何もかもが自分次第
  • 売れっ子になれば印税生活
  • アニメ化して稼ぎが倍々

というような、今考えても短絡的な発想で目指そうとしたのです。

 

とはいえ、実際に漫画の描き方を勉強して、有名な漫画雑誌に漫画を一本投稿しました。

もちろん何の経験も才能もない私が漫画賞を受賞できるはずもなく、見事に落選。

 

しかし、この経験が実は自分にとって大きな転機となったのです。

漫画は読む場合、1ページを下手したら数十秒で次のページへ移動しますが、描くとなると1ページが4~5時間かかるのはざらで、家とかビルとか背景があるページだと10時間くらいかかることもあります。

そして、それを32ページ描き切らなければなりません。(多くの漫画賞は32ページ以上の応募条件)

バイトをしながら、家にいる時間は漫画を描いて3か月くらいで32ページの漫画を描き上げました。

 

出来上がった漫画は、自分で見てもお粗末な絵だし、お世辞にも面白いとは言えませんでした。

しかし、32ページを描き上げた結晶がそこにはあったのです。

 

そこで私は気づきました。

  • 無謀な夢でも本気になれば取り組める
  • 誰にも邪魔されない作業に向いている
  • 頑張りがカタチになると自信になる
  • 自分にも努力する力が眠っていた

今までは、内向的な自分に嫌気がさしていましたし、社交的な人材が求められる社会で自分が活躍することはできないと決めつけていました。

でもそれは自分で勝手に限界を決めていたということだったんです。

自分がどうなりたいのか、そのためには何をすべきか、それを追求していけばおのずと道は見えてくるということがわかりました。

 

ただ、漫画家になるのは一度の投稿で辞めました。

それは単純に思った以上に大変だったということと、客観的に見て才能がない(努力より才能に左右される職業)と思ったからです。

 

漫画家をあきらめたものの、次の目標がすぐに見つかるわけもなかったのですが、とりあえず生きる自信みたいなものが少し生まれたので、人生で初めてのサラリーマンもいいかもと思い、就職活動をして会社勤めをすることにしました。

サラリーマン向いてない~ネットビジネスとの出会い

就職したのは楽天市場などに出店しているネットショップの企業でした。

ネットショップならお客さんの対応もメールだし、コミュニケーションスキルもそこまで要らないんじゃないかと思ったからです。

 

しかし、やはり人見知りでコミュ障の私にはサラリーマン生活は向いていなかったのです。

 

始めこそ新しい仕事を覚えたり、できる仕事が増えることがやりがいにつながっていました。

しかし、2年もすると求められる技能はそれだけではダメで、新しい商品を探したり、仕入れの交渉などもしなければなりません。

社内でも経験を積めば積むほど、上に立つリーダーシップが求められてきます。

フリーターならそこまで責任はありませんが、正社員だと上の命令には逆らえません。嫌なら辞めることもできますが、それではフリーターと何ら変わらず、将来に不安しかありません。

 

「やっぱり、社会に自分の居場所はない・・・」

漫画を描いてついた自信も、このころにはすべて崩れ落ちていました。

 

そんな時、趣味で書いていたブログである変化が起きていました。

何気なく貼っていたGoogleのアドセンス(クリック型広告)とAmazonのブログパーツ(当時はアフィリエイトとは思ってませんでした)で月に1万円ほどの収入が発生するようになっていたのです。

 

最初の感想は「え?なんで?」でした。

 

友達もいないし、話し相手もいない、だからネットで発信でもしようと始めたブログ、書いている内容は自分が購入してよかったもののレビューや、ゲームの感想、美味しかったお店など他愛もないことばかり。

もちろんSEOも考えてないし、マーケティングの知識もない、ただ好きなことを書いてただけ、そんなブログから収入が発生するなんて驚きました。

 

それから私は

なぜ、ブログから収入が発生したのか?

ブログからどんなものが売れたのか?

他にもブログで収入を得ている人はいるのか?

ブログでどれくらいまで稼げるのか?

ということを調べていきました。

 

そして、出会ったのがアフィリエイトだったのです。

早く結果を出すためにアフィリエイト塾へ

ネット上にはサラリーマンの収入を超える年収1000万円越えのブログ運営者がゴロゴロいるということもわかりました。

私のブログと稼いでいる人のブログの違いは、稼いでいる人は狙った商品やサービスを、それを欲しいと思っている人にきちんとつなげることだったのです。

なるほど、そう言われれば欲しい人に商品を売るというのは商いの基本中の基本!

人見知りで内向的な私でも、ブログで商品の紹介ならできそうな気がしてきました。

ただ、そんなうまい話が世の中にあるはずもなく、アフィリエイトについてもっと調べる必要があると思いました。

  • パソコン1台とネットがあればどこでも作業ができる
  • 在庫を持たなくていいので、初期費用や運営費用が少ない
  • 商品を販売するのは広告主なので、顧客対応をしなくていい
  • 副業から始められて、稼げれば独立もできる
  • 誰にも邪魔されずすべて一人でできる

ここまでは私にとって好都合な情報でした。

  • アフィリエイトをする人で、月5000円以上稼げているのはたったの5%
  • 初心者が報酬を得るまでには3ヶ月はかかる
  • やり方を間違えると一生稼げない

ネガティブな情報で気になったのはこの3つです。

でも私がこれからの人生で、時間とお金に余裕をもって生活できるようになるには一般社会では無理、アフィリエイトしかない!

 

漫画家を目指すときにも似た直観が私をポジティブに突き動かしました。

 

現状、月5000円以上は偶然にも稼げている!

そういう意味では初心者よりは素質があるかも!

 

あとは、正しいやり方で最速で稼ぎたい!

社会になじめない、会社になじめない、そんな生活から脱出したいと思った時に射したアフィリエイトという光明。これを逃す手はない。

わらをもすがる思いでアフィリエイトを教えてくれるところを探し、アフィリエイトの塾にたどり着いたのです。

 

アフィリエイトの奥深さを知る~そして独立

アフィリエイトの塾に通い、そのやり方をひたらすら実践しました。

最初はもちろん副業として、昼間は会社に行き、仕事が終わった夜にコワーキングスペースなどでアフィリエイトの作業をしました。

すると、1ヶ月目で6,000円の報酬が上がりました。(趣味ブログとは別に)

翌月には32,000円、翌々月には8万円を超えたのです。

 

このままいけば間違いなく会社の給料を超える!

 

そう確信した私は、独立すべく(というか会社を早く辞めたいがために)辞表を提出しました。

 

しかし、ここからが悪夢の始まりだったのです。

暗黒時代~月収250万円の道

会社を辞めるまでの期間は4か月、しかし、アフィリエイトの収入は思ったように伸びませんでした。

そう、そこには月10万円の壁があったのです。

月収10万円も超えられないまま、無念にも退職の日になってしまいました。

これだとフリーターより最悪な生活・・・何が悪いんだろう・・・私はアフィリエイトの海を漂流し始めたのです。

 

でもやるしかない!人見知りで内向的な私が取れる行動と言えば、ひたすらネットで調べることでした。

すると、アフィリエイトのやり方というのは一つではなく、人によって、または塾や教材によって、千差万別だったのです。

  • トレンドアフィリエイト
  • サイトアフィリエイト
  • PPCアフィリエイト
  • youtubeアフィリエイト
  • SNSアフィリエイト
  • ペラサイト量産型
  • オウンドメディア運営
  • ホワイトハットSEO
  • ブラックハットSEO

など、これらはさらにジャンルやキーワードによって細分化されていました

 

そこからはいろんな教材を購入したり、稼いでいる人のブログやメルマガなどを読んで、ひたすら自分に合った方法を見つけるまで作業をし続けました。

それこそ会社を辞めたんだから、作業をする時間は大量にありました。寝る以外はアフィリエイトのことしか考えない日々。まさに四面楚歌。

そんな逆境が私の努力を後押ししたのか、その1年後、アフィリエイトを本格的に初めて2年を過ぎたころ、ついに月30万円を突破しました。

 

そこからは倍々ゲームで報酬は増えていき、60万円、100万円、170万円・・・

そしてついに、月収250万円を超えたのです!

過信とおごりが再び暗黒時代を招く

ここまで見ると、ダメな私が成功してめでたしめでたしと思うかもしれません。

しかし、ダメな人間はそう簡単に変われないのです。痛い目を見て勉強するのです。

月収が安定して150万円以上続いたとき、私の心の隙間にある言葉が浮かびました。

「これが不労所得というやつか!」

何もしなくてもお金が入ってくる状態、それを初めて経験したとき、これが永遠に続くと思ってしまうのが人間の性なのです。

 

入ったお金でPS4とNintendo Switchを買い、一日8時間以上、毎日ゲーム漬けの日々を送るようになってしまいました。

ちょうどゼルダの伝説とかドラクエ11、モンハンと傑作が続いたのも悪い(笑)

 

さらに2017年10月、私をどん底に落としたGoogleの検索アルゴリズムの大型アップデートがあったのです。

 

大きく稼いでいたジャンルのブログが、軒並み検索順位からぶっ飛んで、報酬があれよあれよと無くなっていったのです。

致命傷は避けたものの2018年7月現在、報酬は月20万円前後と辛うじて生活できるというレベルです。

アフィリエイトを始めたい人へ

いろいろありましたが、私はアフィリエイトを嫌いになったりはしていません。

自分一人の力で稼ぐ方法を教えてくれたのもアフィリエイトだし、過信やおごりを持ってはいけないということを教えてくれたのもアフィリエイトです。

「アフィリエイト=不労所得」と考える人もいるかもしれませんが、不労所得だと思ったものは、それまでに頑張った自分の作業の結果であり、「働かずして」というものではありません。

今作業するのは1年後のため、1年後に作業をするのは2年後のため、そうして積み重ねた結果、安定した稼ぎを作り、報酬を伸ばしていくのがアフィリエイトなんです。

 

遠回りをしてきましたが、それがわかった今、私は自分のペースで作業を「長く継続」することを最も大事にしながらアフィリエイトに取り組んでいます。

過信、おごりを捨て、正しいやり方で計画性をもってすれば、アフィリエイトは誰にも良い結果をもたらしてくれます。

 

世の中には私のように「自分の力で稼ぎたい」と思ってアフィリエイトを始める人も多くいるでしょう。

そして、気持ちはあるのに勇気がなかったり、報酬が出ず立ち止まっているという人もいるかもしれません。

 

私は真剣に取り組む人には、「アフィリエイトで結果を出すやり方」を教えたいと思っています。

 

アフィリエイトは1000円でも報酬が発生すれば、それが自信になりモチベーションにもなります。

逆に報酬がずっと0円なら、アフィリエイトを辞めてしまう95%の仲間入りをしてしまうでしょう。

 

あなたがもし

  • 自分の力でお金を稼ぎたい
  • 将来性のない会社に依存するのを辞めたい
  • これ以上昇給を見込めない
  • 社会不適合でも真っ当なビジネスをしたい
  • 副業で稼げる力をつけたい
  • ネットビジネスやスキルを身につけたい

そんな風に本気で思っていて、

アフィリエイトに本気で取り組んでみたい

というのであれば、このブログおよび、ブログでは書けない内容を書いたメールマガジンを購読してみてください。

コメントは受け付けていません。